誰が一番速い球を投げたか?

誰が一番速かったか

プロ野球創世記は 沢村栄治、スタルヒンが双璧か?

戦前は沢村栄治 戦後はスタルヒン

千葉茂氏(元巨人)の証言によると、スパーンが沢村でズドーンがスタルヒンだったそうです。

ON時代は 尾崎行雄、森安敏明の名前があがります。

尾崎行雄はそのストレートはサイドハンドに近いスリークォーターから、うなりをあげて飛んでくると言われ、終速が速かった、と本人が語っています。

東映で尾崎とバッテリーを組んでいた、種成雅之は「僕の野球人生に中で、捕球した時に、ボールの勢いでミットが止まらなかったのは、尾崎だけ」という証言しています。

プロ一年目の18歳になる少年が、ストレートだけで20勝しました。
森安敏明はサイドスローから繰り出す真っ直ぐの球速はどのくらいだったのか。想像の域を出ないが、対戦した打者の証言を総合すると、初速と終速の差があまりなかったという。対戦した打者たちは「一番速いかどうかは分からないが、一番怖かったのは確か」と口をそろえる。

 

アンダースローの剛速球は杉浦忠

秋山登、山田久志も速かったが、晩年はシンカーを多用した。やはり杉浦が一番。

「ゆっくりと踏み出された足が、静かに宙を伸びてなかなか地に着かず、地を這った右腕が目一杯前方へ振り出される感じで、インハイに来る」。浮き上がる様な速球は、遅いた球とのコンビネーションは効果抜群。

 

2011 日本プロ野球OBクラブ トレーディングカード 1977年編 インサートカード(レギュラーパラレ...

1970年代は好投手を輩出

この時代は好投手が各球団にたくさんいた。その中で速球王は、平松、松岡、堀内です。平松は、シュートも速かった。ヤクルトの松岡は平松以上の速球を投げていたと言います。堀内は、新人の開幕連勝記録を更新中の時に、ホームプレート上に光電式の速度計測装置を使用して測定した結果155km/hを記録しました。

ONをきりきり舞いさせた鈴木孝政

鈴木孝政は、初のジャイアンツ戦でONを連続三振に獲り、その快速球は切れ味抜群。後半戦は抑え、中継ぎで活躍。ドラゴンズを20年ぶりの優勝に導きました。その後。3年連続セーブ王となり、抑えピッチャーの地位を確立。

その中でも、阪神の江夏は別格。相手を観察する洞察力、コントロールの良い速球で三振を多く取りました。

■スピードガンの申し子、小松辰雄

スピードガンの申し子、小松辰雄は155キロの剛速球。デビュー当時よりも、先発に転向してからの方が、キレのある速球を投げていました。

1980年代は江川卓、津田恒美か

その小松が、驚く程の剛速球を投げていたのが、怪物江川。
小松曰く、ボールがメロンの様に大きくベースに向かってくると表現。
そういえば、本人も晩年、マスクメロンボールなどと、おふざけでネーミングを付けていました。余談ですが、その後、ある農家からメロンが贈られて来たそうです。

怪物江川は、実は高校時代が一番速かった、と言われています。ピンチになると、ギアを入れ替え三振を取りに行くピッチングは見事でした。投げるボールが手元でホップする為、打者がボールの下を振っていました。

津田恒美は「弱気は最大の敵」と帽子のひさしに書き、魂のこもった気迫あるストレートが印象に残ります。原辰徳の手首を骨折させ、バースと幾度の名勝負を繰りひろげました。

 

平成の速球王は誰か?

平成の怪物、松阪大輔は初年度、日本ハム戦での対小笠原との対決でのフルスイングが印象に残ります。そして、もう一人、伊良部秀輝、そう、イラブクラゲです。清原との158キロの名勝負は語り草になっています。お互い、ストレートを待ち望んで、それをまた、打ち返した対決は見事でした。

そして結論

そして、プロ野球史上最速のピッチャーは、この4人。どのピッチャーを選ぶかは、あなた次第です。

沢村栄治尾崎行雄森安敏明山口高志、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロ野球の知られざる感動、面白エピソードを紹介します